手順

「Outlook2016」を起動します。

2016-000

※既にメールの設定があり、[サーバーにメッセージのコピーを残す]設定方法はこちらへ進んで下さい。
※既にメールの設定があり、[終了時に削除済みアイテムフォルダーを空にする]設定方法はこちらへ進んで下さい。
※既にメールの設定があり、既存メールの暗号化設定へ変更方法はこちらへ進んで下さい。

「ファイル」をクリックします。

「情報」になっていることを確認し「アカウントの追加」をクリックします。

「詳細オプション」をクリックします。

「自分で自分のアカウントを手動で設定」を選択して、メールアドレスを入力し「接続」のボタンをクリックします。

※メールアドレス:利用開始通知書の「メールアドレス」

「POP」をクリックします。

下記を入力して「次へ」のボタンをクリック下さい。

受信メール サーバー:「po.taku.ne.jp」
ポート:「995」
「このサーバーでは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要」にチェックを入れる
送信メール サーバー:「po.taku.ne.jp」
ポート:「465」
暗号化方法「SSL/TLS」を選ぶ

下記を入力して「接続」のボタンをクリック下さい。

※パスワード:利用開始通知書の「パスワード」

「OutlookMobileをスマートフォンにも設定する」にチェックがある場合は外してください。

その後、「完了」ボタンをクリックして設定完了です。

Outlook2016 メールの設定変更 [サーバーにメッセージのコピーを残す]設定方法

「ファイル」をクリックします。

「情報」になっていることを確認し「アカウント設定」を選択し、「アカウント設定」をクリックします。

「変更したいアドレス」を選択し、「変更」のボタンをクリックします。

青枠内をお好みに設定して「次へ」ボタンをクリックし設定完了です。

Outlook2016 メールのオプションの変更 [終了時に削除済みアイテムフォルダーを空にする]設定方法

「ファイル」をクリックします。

「オプション」をクリックします。

「詳細設定」を選択し「Outlookの終了時に、削除済みアイテムフォルダーを空にする(E)」にチェックをし、「OK」クリックし設定完了です。

Outlook2016 既存メールの暗号化設定へ変更方法

「ファイル」をクリックします。

情報」になっていることを確認し「アカウント設定」を選択し、「アカウント設定」をクリックします。

「変更したいアドレス」を選択し、「修復(R)...」のボタンをクリックします。

設定画面が開きますので「詳細オプション」ボタンをクリックします。

「自分で自分のアカウントを手動で修復」を選択し、「修復」のボタンをクリックします。

POPアカウントの設定が開きますので、青枠内の項目を確認または違う場合は変更してください。

受信メール
ユーザー名 メールアドレスの@マークより前の部分
パスワード 通知書記載のパスワード
パスワードを保存する チェックを入れる
サーバー po.taku.ne.jp ポート 995
チェックを入れる このサーバーでは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要
チェックなし  セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要

確認または変更が終わりましたら、「送信メール」のボタンをクリックします。

送信メールが開きますので、青枠内の項目を確認または違う場合は変更してください。

送信メール
サーバー po.taku.ne.jp ポート 465
暗号化方法 SSL/TLS  
サーバーのタイムアウト 1分(触らないで下さい)  
チェックなし セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要  
チェックを入れる  送信(SMTP)サーバーには認証が必要です  
チェックを入れる  受信メールサーバと同じ設定を使用する

確認または変更が終わりましたら、「修復」のボタンをクリックし設定完了です。

多久市
多久市観光協会
災害・避難所情報
データ放送連動アプリ
お悔やみ情報
多久市公衆無線LAN
あいパレット
リンク集

© 多久ケーブルメディア Co.,Ltd.